黒を上手に着こなしたファッションでスタイリッシュに

MENU

はずさない「黒」の着方

 

黒には中途半端な色を合わせないのが鉄則

 

黒をベースにしたモノトーンは多くの人に好まれていますが、『失敗』コーディネートを見かける事も 珍しくないものです。
『黒を着れば細く見える』『無難にまとまる』といった思い込みのせいで、黒が 重すぎる『魔女ルック』になってしまうことも。

 

モノトーンは黒一辺倒とは別物と心得ましょう。

 

全身ブラックの装いは、袖・裾丈が長いものや、ふんわり広がるタイプを避けたほうが賢明です。
黒の比重が大きくなりすぎるからです。

 

手首や足首を見せて、服をコンパクトにまとめれば、素肌が黒との境目をくっきりさせ、黒のつや感を引き出してくれます。

3首の法則はこちら

 

ショートパンツやミニスカートなどの短めボトムスも黒なら子供っぽくなりません。

 

フェミニンに寄せたい時は、最強の色合わせ『黒×白』がおすすめ。
私も好んで使うカラーセットです。

 

黒の強さと白のつつましさ、黒の威厳と白の清らかさがお互いを引き立て合って、無敵の装いに仕上がります。

 

黒のジャケットに白ブラウス、黒コートに白ストールといった組み合わせはまず外さないので、モノトーン合わせの軸にできます。
品格、優雅さの面でも申し分ないので、シーンを選ばないところも頼りになります。

 

黒は地味におもわれがちですが、実はとてもインパクトの強い色。
だから中途半端な色で合わせないのが鉄則です。 割と相性が良いのは、赤・紫・ゴールドなどの手強い色。
濃いめのイエローやグリーンも映えます。
薄いグレーは穏やかなトーンにまとまるから、困ったときの助け舟になってくれるはずです。