脚を綺麗に見せる洋服を着こなすことは女性の憧れ

MENU

脚をきれいに露出する秘密技

 

膝年齢はメイクでカムフラージュする

 

年齢を重ねるにつれて、多くの女性は脚見せに臆病になりがちです。
そもそも脚の見栄えに自信がないから、ついつい腰から下を全部覆い隠すようなボトムスを選んでしまう人もいます。
でも、見せ方を工夫すれば、そんなに必死に隠さなくても大丈夫。
むしろ、暑い夏は脚を出したほうが見た目にも涼しいはず。

 

要は、生々しさとだらしなさが入り混じった雰囲気にならないようにすればいいわけです。
素肌の健康美にはどんなおしゃれも敵わないのですから、上手な脚見せ術をマスターしておきたいわけです。
隠しどころの筆頭は『膝』。
年齢やお手入れの具合がはっきり出やすいゾーンだから、ここをカムフラージュすれば、それなりにキレイにみえます。

 

歴史的なデザイナー、ココ・シャネルの名言通り、『レディーは膝を見せないもの』と決めて、膝下丈スカートを選ぶのも一案。
また、膝が見えても、目立たなければいいと思い切って、裾丈の正面が短くて後ろが長い前後アシンメトリーのスカートを履けば、 裾景色に動きが出て、膝もさりげなく見えます。
ふくらはぎを細く見せてくれるおまけまでついてきます。

 

膝が出るボトムスの時は、ファンデーションを塗る技が意外と使えます。
パール粒子の入ったパウダーでポンポンと叩けば、まるでストッキングを履いたようにシルキーな膝に変身。
手持ちのファンデーションですぐに『膝メイク』ができてしまうから、頼りになる技です。
レッグビューはシャープかつクリーンに映ります。
ビジュー付きの靴を履いたり、ウエッジソールでかかとに目を惹いたりすれば、自然ときれいな脚周りに見えるはず。
『膝から視線をそらさせる』という作戦で臨めば、春秋のおしゃれをもっと楽しめるようになるでしょう。